So-net無料ブログ作成
検索選択

戦闘開始 [季節の話]

決して‘また‘親戚バトルなどを始めたワケではございません。  

たまたま、最後の1kgを手に入れましたので、我が家の春一番、始めました。

 

生シンコ(いかなご)は、軽く水洗いして、水分をしっかり落とします。 ザルを振ると崩れてしまうので、ザルのお尻を軽く叩いて、しずくを切ります。

 まだまだ、小さいよ~

 大き目の鍋を使用。

 「くぎ煮」 1kgの作り方(量が多くなると、これでは無理なの…) 

* 生シンコ・・・1kg      * 中ざらめ・・・250g  

* 細千切りしょうが・・・50g     * 濃口しょうゆ・・・260cc

* 料理酒(飲むための日本酒でもOK)・・・100cc   

* みりん・・・少々

鍋に調味料を入れて、その上から、生シンコを加え、手を使って静かに全体を馴染ませるように混ぜます。

 

鍋の中が均等になったら、火にかけて、強火で放置。 途中で、灰汁を何回かすくってやります。

 

汁気がなくなるまで、強火で煮詰めます。 混ぜると煮崩れるので、途中でさわりたくなっても、がまん、がまん・・・・・。

火力にもよりますが、30~40分くらいで汁気がなくなるので、最期にちょろっと‘艶出し‘のためにみりんを加えて、鍋ごと2回ほど軽く振って、全体に煮汁を馴染ませたら、焦げる手前で火を止めます。

 

実は、ず~っと強火のままで、焦げる手前で火を止める…って言うのが、コツでもあり、失敗しやすいところでもあり…。

 できたてホヤホヤ…

今夜は……な~んてことは無いと思いますが… 

おにい&いもこが、二人揃ってお邪魔しているお宅まで、今から「ほかほかくぎ煮」を持って、お迎えに行ってまいります  「保育料の現物支給」みたいですね。


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

nice! 0

コメント 2

boxer

いかなごの釘煮って、神戸周辺だけなんですかねぇ。関西ならどこでもあるのかと思ってました。我が家の嫁はんもスーパーで毎日気に入った大きさになるのを待ってます。少し堅めが好きですね。毎年大量に作って 北海道の姉に送ってます。
by boxer (2006-03-05 10:37) 

白やぎママ

>boxerさま
 くぎ煮は、炊く人はとことん炊くみたいですね。毎年、30kgとか…^^;
 親戚中に送りまくるようですが…。

 我が家も、旦那方の親戚から「黒やぎが入院中でも、くぎ煮は
 作るよね?」と、謎の確認電話が、複数、かかってきました。
 今年も送れ…って事なんでしょうねぇ(苦笑

 固めが温かいご飯と合わさって…たまりませ~ん!^^w
by 白やぎママ (2006-03-06 07:45) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。